コンタクトレンズは使い捨てとハード、どっちがお得?

メガネからコンタクトレンズに切り替えるときの悩みの一つ、使い捨てレンズとハードレンズではどちらがコストを抑えられる?という問題について解説します。ハードコンタクトレンズは、ソフトレンズよりも傷つきにくい傾向にありますが、ソフトレンズは破れやすかったり、傷つきやすかったりする傾向があります。しかし使い捨てのレンズなので、新しいレンズを出せば毎度新品の状態を使うことができます。しかし、ハードコンタクトレンズと違い、使い捨ての場合は半永久的にコンタクトレンズを使用し続けなければいけないという側面があります。ずっとコストがかかり続けるというのは、持病がある人の薬を同じような感覚ともいえます。一方ハードコンタクトは、一度購入して、使うたびにケアしていれば長期間使うことができるので毎月の出費を抑えることができます。しかしデメリットとしては、レンズをなくしてしまった時には高額なレンズを買いなおさなければいけないというデメリットもあります。どちらもメリットとデメリットがありますが、最初は使い捨てレンズで試してから、ハードコンタクトレンズに移行する流れの方がリスクを軽減できるのでおすすめです。

コンタクトレンズの洗浄機アイマジック

カラコンは洗浄機を使う理由

カラコンはおしゃれをしたい男女は一つや二つどころか、何十種類と持っているようです。芸能人やモデルさんもカラコンを持っている数は半端じゃないでしょう。そんなおしゃれな男女はカラコン洗浄はきっちりしているのかと言えば、人それぞれのようですね。

とにかく毎日めんどくさい!と思っているようです。カラコンを洗う機械といえば、雑誌で紹介されているモデル愛用の洗浄器 アイマジックが人気です。

アイマジックはステップ3段階の簡単洗浄。カラコンを左右間違わないようにケースにいれましょう。現在使っている洗浄液をケースにいれましょう。最後にカラコン洗浄器のスイッチをONにするだけ!ブルブル洗浄開始され 約1分~3分で完了しちゃいます。

このように正しく洗浄すれば目のトラブルも避けれます。コンタクト・カラコンをしてる人ほど何十年後には目の病気になると言われています。とくにカラコンは使い捨てと違って繰り返し使うものです。カラコンは洗浄器をおすすめします。

カラーコンタクトの洗浄機