アマゾンの新サービス「アマゾンフレッシュ」とは?

ネット通販大手のアマゾンは様々なものがネットで注文できる通販サービスとして有名ですが、最近ではアマゾンプライムNOWなど、生活用品を数時間で配達してくれるサービスも展開されています。
アマゾンプライムNOWは現在は全国対応のサービスではなく、都内の一部地域や都市圏の一部のエリアに住んでいるアマゾンプライム会員を対象として展開しているサービスです。
スーパーで購入して自宅に運ぶには大変なミネラルウォーターや飲み物、お米などを配達してくれるので自分では運べない重いものを購入するのに便利です。
また、ティッシュペーパーやトイレットペーパー、キッチン用品など、毎月購入するような消耗品も購入できるので、アマゾンプライムNOWがあれば最低限の生活はできてしまうほどの商品数を取り揃えています。
アマゾンプライムNOWのメイン商品とも言えるのは食料品で、野菜などの生鮮食品も購入できますし、調味料や乾麺、インスタントラーメン、豆腐や納豆、ソーセージなどの加工食品なども揃えています。
格安スーパーなどと比較すると価格はやや割高感がありますが、自分でお店に出向いて購入してくるよりも、ネットで注文するだけで配達してくれるので、時間が節約でき結果的に安上がりになると考えられます。
パンや卵など、朝食に必要な食材も揃うので、毎日食材を切らすことなく購入できます。
3000円以上の購入から配達してくれるので、週に一回いつもストックしておきたい商品をお気に入りの商品に設定しておけば、いつも手軽に注文が可能です。

アマゾンフレッシュとアマゾンプライムNOWの違いとは?

アマゾンプライムNOWとアマゾンフレッシュは何が違うの?と思う方もいると思います。
アマゾンフレッシュは、プライムNOWでは購入できないような生鮮食品や料理キットなどを最短4時間で配送してくれるサービスです。
商品のラインナップの中でも特筆すべき点や野菜の種類の豊富さや魚や肉などの食品も購入できることです。
更には、最近話題の料理キット(ミールキット)も購入できるので、共働き世帯のご飯としてとても重宝します。
魚も様々な種類があり、いわしやサバなど、下処理されている魚が購入できるので、自分では最初から魚をさばけないという方でも手軽に利用できる魚が手に入ります。

食料品だけでなく、洗剤などの洗濯に必要なアイテムや、ティッシュなどの生活用品、お部屋の掃除用品など、家事に必要なアイテムはアマゾンフレッシュで揃えることができるので、食料と共に注文すると便利です。

アマゾンフレッシュの利用料は?

アマゾンフレッシュは、30日間体験できる期間があります。
本来アマゾンフレッシュを利用するには、アマゾンプライム会員になることと、アマゾンフレッシュ会員になることが利用する条件となります。
アマゾンプライムの年会費は3,900円で、アマゾンフレッシュは、毎月500円の会費が必要となります。毎月のコストに換算すると、
アマゾンフレッシュ月会費500円×12ヶ月=6,000円+3,900円(アマゾンプライム年会費3,900円)なので、年間9,900円の会費となります。毎月のコストに換算すると、825円です。
毎月825円のコストで、便利なアマゾンフレッシュを利用できるようになるのでとても便利です。
アマゾンプライム会員になると、通常のアマゾンのネット通販での送料も無料になりますし、アマゾンプライムビデオも見放題なので、ネットフリックスやHULUを契約しているひとはアマゾンプライムに乗り換えた方がお得かもしれません。

アマゾンフレッシュは一回の注文の総額が6,000円以上の場合送料が無料になりますが、6,000円以下の場合は、送料500円が必要になります。

アマゾンフレッシュはアマゾンプライムNOWよりも豊富な種類の生鮮食品が購入できることや、料理キットなどを購入できる点が魅力です。
現在は都内や関東圏の一部の地域でしか利用できないようですが、今後も全国に展開していくと思います。
アマゾンフレッシュはとても便利なサービスなので、お住まいの地域が対象の場合は、是非一度使ってみることをおすすめします。

料理キットやミールキットよりもすぐに食べられる食品には、冷凍弁当があります。
冷凍庫にストックしておけば電子レンジで温めるだけですぐに食べられるのが魅力です。
アマゾンフレッシュでの扱いではありませんが、冷凍弁当を特集しているページをご紹介します。
> 冷凍弁当宅配ランキング